• 百合学院
  • 認定こども園 百合学院幼稚園
  • 百合学院小学校
  • 百合学院中学校
  • 百合学院高等学校

同窓会会則_03

同窓会会則

第1章 名称及び事務所

第1条
本会は百合学院高等学校同窓会と称し、別称(ささゆりの会)という。

第2条
本会は本部を当学院内におき、支部を必要な地域に設けることができる。

第2章 目的及び事業

第3条
本会は会員相互の親睦、知識並びに精神生活の向上をはかり、併せて母校の発展繁栄に尽力する。

第4条
本会はその目的を達するため、次の事業を行う。
1.会員相互の連絡並びに知識の交換に関すること。
2.母校との連絡に関すること。
3.その他必要と認められること。

第3章 会員

第5条
本会は次の会員を以って組織する。
1.正会員 百合学院高等学校卒業者
2.準会員 百合学院高等学校在学生
3.特別会員 百合学院中学校、高等学校の教職員及び旧職員

第6条
正会員は終身会費として、規定の金額を在学中に納めるものとする。

第4章 役員

第7条
本会に下記の役員をおき、その任期は2年とする。但し再任を妨げない。
1.名誉会長 1名 高等学校長
2.顧問 百合学院理事長・現職員中若干名
3.会長 1名
4.副会長 1名
5.書記 2名
6.会計 2名
7.会計監査 2名
8.幹事 若干名

第8条
役員の選出は下記の方法で行う。
1.名誉会長は母校の現校長とする。
2.会長並びに各役員は、幹事によって選出する。

第5章 会議

第9条
定期総会は毎年1回7月にこれを開催する。 臨時総会は役員会・幹事会が必要と認めたとき、会長はこれを開くことができる。

第10条
総会が開けないと会長が認めた場合は、幹事会で代行することができる。

第11条
定時総会には会務を報告する。

第12条
総会は次の事項を決議する。
1.会則の変更に関すること。
1.事業に関すること。
1.収支決算並びに予算に関すること。
1.基本財産に関すること。
1.役員選挙に関すること。
1.その他幹事会において必要と認められること。

第13条
総会の議決は、出席会員の過半数をもって決する。 但し、可否同数の場合は議長が決する 。

第14条
幹事会は会長がこれを招集し、次の事項を議決する。
1.総会付議案に関すること。
1.本会細則に関すること。
1.基本財産の運用に関すること。
1.その他本会の目的達成に関すること。

第15条
幹事会の議事は、出席会員の過半数をもって決する。

第16条
会議は、そのつど議長1名を互選し、議長は会議を統理する。

第6章 会計

第17条
本会の経費は会費・事業収益金・寄付金その他をもって、これに充てる。

第18条
本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日をもって終わる。

第7章 支部

第19条
支部は支部長をおき必要に応じて支部の状況を本部に報告し、本部の事業を助けて、本会の発展をはかることを要する。

第8章 補則

第20条
本会則の変更は、役員会・幹事会において審議し、総会の承認を得なければならない。

・本会則は、昭和49年8月より適用する。
・平成8年4月22日  改訂